『つみたてNISA』でオススメの『インデックスファンド』に投資しよう!

投資

おいっす、すぐに眠くなる男、クロジやで。

インデックス投資』のお勉強もそろそろ佳境な感じになってきたで。

今回オススメするのは『つみたてNISA』っていう税金優遇制度や。

この制度を利用すると投資で得た利益をそのまんま自分のものにできるんやで。

そう、実は投資で得た利益には税金がかかるんや。

そうことも踏まえて、『つみたてNISA』について説明していくで。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

引用:金融庁

『長期』『積立』『分散』・・・なんか聞いたフレーズやなぁ・・・

ってこのブログで「投資の王道」として紹介してたなw

この『王道の投資』と『つみたてNISA』は相性抜群なんよ。

じゃーこの『つみたてNISA』ってなんよ、ってところを説明していくで。

 つみたてNISA
対象者日本在住の20歳以上
運用期間20年
非課税枠年間40万円
投資方法積立方式
対象商品金融庁が認めた商品のみ

上記をもうちょっと噛み砕いて説明するで。

対象者については、まぁそのまんまやな。

運用期間2042年までに始めれば、いつ開始をしても20年間の非課税期間があるで。

非課税枠年間40万円までやで。

「ん、さっきから言ってる非課税ってどういうこと?」って声が聞こえてくるな。

それもちゃんと説明していくで。

投資で得た利益には税金がかかるねん。

もう少し噛み砕くと、株を売ることで得られる利益に課せられる税金企業から受け取る配当金に課せられる税金があるで。

税率はどっちも20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)やで。

この20.315%の税金を『つみたてNISA』を利用することで非課税、簡単な話し利益に課せられる税金は不要やでってことやな。

つみたてNISAの最大のメリットがこの非課税ってことなんよ。

まとめると、つみたてNISAの口座は利益が非課税になるよ、でも年間40万円までで20年間運用できるよってことやな。

投資方法は、買いたいタイミングで購入(スポット購入という)できないよ、毎月(もしくは毎日)定額を積立する方法になるよってことやね。

毎月やと積立金額の上限は月33,333円やね。

また年2回までボーナス設定月を決めると指定月に買付額を増やすこともできるで。

例えばボーナス設定月を年2回指定しておくと、普段の月は毎月10,000円を積立してボーナス月に140,000円を積立することで年間上限の40万円まで投資することが可能やで。

対象商品については、金融庁のお墨付きの商品のみ購入できるで。

投資商品ってな、ぼったくり商品がめっちゃ多いねん。

森信親・元金融庁長官の発言にこんなんがあったで。

日本で売られている公募株式投信は5,406本ありますが、そのうちインデックス型株式投信は381本です。これから、毎月分配型の投信、レバレッジのかかった投信、信託期間が短く長期投資を前提としていない投信を除き、ノーロードで信託報酬が一定率以下のものに限ると、積立NISAの対象として残ったものは50本弱でした。

日本証券アナリスト協会

簡単に言うと日本にある投資信託のうち、つみたてNISAに相応しい商品は1%以下で残りの99%以上はぼったくり商品やでってことやな。

つみたてNISAに関しては金融庁がかなり力を入れてる制度なんで、選ばれた商品もそんなに悪い商品は入ってないと思ってるで。

そんな中でもクロジ的オススメのファンドを後ほど紹介するで!

オススメの証券口座

証券口座開設の前に一つ注意があるで。

それは銀行や証券会社の窓口に近づかないことやで!

彼らは自分たちの利益のために顧客にゴミを売りつけてくるような人達やで。

証券口座を開くのであればネット証券があるのでそこで開設しよう。

ネットで開設できるのに銀行や証券会社を経由することで、不必要な手数料を抑えることもできるしゴミ商品を勧められることもないしな。

つみたてNISAの口座を開くなら僕の中では『楽天証券』一択かな。

なぜ『楽天証券』がオススメなのか、その理由を説明していくで。

楽天証券

楽天証券なら、提携銀行利用で入出金手数料がタダ!

証券口座にお金を出し入れする際、一般的には手数料が発生するんやけど『楽天証券』やと提携の銀行からリアルタイム入金をすれば入出金手数料が無料になるで。

リアルタイム入金ってのは振込時の手数料が無料で、振込後にリアルタイムで楽天証券に資金が反映される入金方法やで。

買いたい時に証券口座にお金がなくても提携銀行から振り込めばすぐに証券口座に反映されて購入できるってわけやな、しかも手数料無料で。

スマホやPCから入金できるから外出の必要なしやで。

楽天証券なら、楽天銀行と紐づけすることで楽天銀行の金利が優遇!

楽天証券と楽天銀行を紐づけする(マネーブリッジという)することで楽天銀行の普通預金の金利が優遇されるで。

「優遇ってもたいしたことないでしょ」って思ったやろ?

まぁメガバンクの普通預金金利のたった100倍っすわ。

っても超低金利時代やから100倍でも0.1%なんやけどね。

でもどうせ銀行にお金を寝かせておくだけなら少しでも金利がいい方に置いときたいよね。

100万円預けておいて1000円の利息をもらうか、10円の利息をもらうか、どっちがいいか判断つくよね。

当たり前やけど、楽天銀行は楽天証券の提携銀行やでw

楽天証券なら、楽天ポイントがついてお得!

ネット証券特有の手数料の安さに加えて、『楽天証券』なら楽天ポイントも獲得できてお得なんよ。

積立の引き落としを『楽天カード』で決済すると、100円につき1ポイントの楽天ポイントを獲得やで。

楽天証券なら、楽天ポイントで投資ができる!

なんと、楽天ポイントで投資信託を購入することができるんやで。

投資信託の積立を『楽天カード』で決済してポイント獲得、そのポイントでまた投資信託を購入するってなことが可能やで。

楽天経済圏を活用すれば楽天ポイントもガンガン貯まるし、そのポイントを投資に回すのが賢い方法やな。

ただし、投資信託を購入できる楽天ポンとは通常ポイントのみで期間限定ポイントは使えないから注意やで。

SPUの倍率アップでさらにお得!


まず、口座開設後に楽天証券のトップページにある利用設定からポイントコース設定を『楽天スーパーポイントコース』に変更します。

んでその下の方にあるポイント利用設定の『投資信託 積立注文』のポイント利用を1ポイント以上に設定します。

あとは積立する商品を積立金額をポイントと合わせて500円以上に設定することで、あらま、SPUの倍率がアップしちゃうってわけだ。

これでますます楽天経済圏が捗るなw

オススメのインデックスファンド

さぁ、いざインデックスファンドを購入って段階まできて商品一覧を見て「どうしたものか」ってなってない?

そりゃ150以上も商品がある中でどれを選べばいいかなんて、知識や経験が少ないと難しいよね。

そこで、『クロジオススメファンド』の紹介やで。

っていってもこれらの商品は鉄板中の鉄板で他のブログ等でも紹介されてるんで面白味はないけど、その分かなり信用できる商品になってるで。

オススメのインデックスファンド 全世界株式編

 楽天・全世界株式インデックスファンド(通称、楽天VT)eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
純資産額455億円372億円
信託報酬0.202%0.1144%
投資対象&銘柄数世界47カ国の大型・中型・小型株、約8000銘柄世界49カ国の大型・中型株、約3000銘柄
カバー率全世界の投資可能な市場時価総額の98%全世界の投資可能な市場時価総額の85%

全世界株式に投資する理由としては、投資国を分散するのが一番の目的やね。

その中でオススメできるのが『楽天VT』と『eMAXIS Slim全世界株式』の2つやな。

まぁ簡単にいうと、分散が効いてる方をとるか、運用コストの安い方を取るかの違いやね。

長期投資においては運用コストをできるだけ下げるのが鉄則なので『eMAXIS Slim全世界株式』の方がいいかもね。

eMAXIS Slimシリーズ』は運用コストを常に業界最安値にって宣言してくれてるのでほったらかし投資にはもってこいやしね。

でも楽天VTも分散がよく効いてるし運用コストも十分に低いから、あとは好みの問題やろな。

オススメのインデックスファンド 米国株式編

 楽天・全米株式インデックス・ファンド(通称、楽天VTI)eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
純資産額1195億円1267億円
信託報酬0.162%0.0968%
投資対象&銘柄数大型・中型・小型株を含む米国全体の3531銘柄米国市場の時価総額上位500銘柄の大型・中型株

僕が米国株式をオススメする理由は『やっぱり経済No.1の国』やからやな。

GAFAM』と呼ばれる企業の製品やサービスを利用したり、それ以外の米国企業の製品やサービスを使わない日はないからね。

これから発展していくであろう国や地域でも、やっぱりみんな米国企業のサービスを利用するやろうしね。

こっちも分散がよく効いてる方をとるか、運用コストが低い方をとるのがいいのかって感じやね。

僕はつみたてNISAに関しては『楽天VTI』一本に投資してるで。

理由としては、分散が効いてるってのよりも小型株の成長に期待してるってのが一番の理由かな。

でも米国編もどっちを選ぶかは好みやわな。

どっちもつみたてNISAにはもってこいないい商品やと思うで。

GAFAMとは

Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoftの頭文字をとって呼ばれてる

世界を牽引する5つの企業のこと。

ちなみにこの『GAFAM』と呼ばれる5つの企業の時価総額が日本の東証一部に上場する企業約2170社の合計金額を上回った。

簡単な話し、日本の企業はたった5つのアメリカの企業に負けちゃったってこと。

ちなみにバブルの頃は「日本の土地の地価総額でアメリカが4つ買える」とまで言われてたらしいw

その他のインデックスファンド

その他の日本株式や新興国株式なんかはあんまオススメできんかなぁ。

日本も全然成長力ないし、新興国もちょっとギャンブル要素が高いというか、安定感がないしねぇ。

バランスファンドって呼ばれる株式以外にも、債権や不動産などに分散された投資信託もあるけどあんまり好きじゃないなぁ。

理由としては配分のバランスがいいとは思えないし、不要な資産にも投資しないといけないってのが大きな理由やな。

基本的には、分散のよく効いた全世界株式か、安定感とリターンのバランスのいい米国株式がええと思うな。

まとめ インデックスファンド+つみたてNISA=最強!

オススメの証券口座とインデックスファンドの紹介をしてみたで。

証券口座の開設に関してはネット証券がオススメやで。

手数料を抑えたり、なによりネット環境があればそこで取引が可能なのが魅力やな。

オススメのインデックスファンドについてはオススメを4つ紹介したけど、色々自分でも調べてな。

僕が悪い人間でみんなを不幸にしてやろうって思ってるかもしれんしなw

人に勧められたものを鵜呑みにするんじゃなくて、自分で調べて納得して購入するってのがやっぱり大事やで。

自分で調べる方が知識として身につきやすいしな。

なにより投資は自己責任やしな!

楽天証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました