ブログ運営報告という名の雑談 2020年12月(9ヶ月目)

アイキャッチ画像ブログ運営報告

2020年最後の月のブログ運営報告ですよー。

ブログ開始から9ヶ月目に当たる2020年12月のブログ運営はどのような結果に…

このブログ運営報告の目的としては、

・当ブログの反省&改善のため
・未来の初心者ブロガーの参考になるように(どうぞ反面教師に!)
・運営報告とは名ばかりの雑談をしたい

といったことを目的に書き連ねております。

果たして気持ちよく年を越せたのか…

ちょっとした暇つぶしにでも読んでいってくださいましー。

前回の記事はこちら。

2020年11月の月間PV数&収益(8ヶ月目)

ブログ運営報告
月間PV新規記事/合計記事月間収益
2020年7月

51PV

?/?

0円

2020年8月

351PV

?/?

0円

2020年9月

300PV

?/?

13円

2020年10月

453PV

3/15

134円

2020年11月

523PV

4/19

5,315円

2020年12月

1,005PV

4/23

3,724円

はじめましての方、いつも覗いてくれる方、本当にありがとうございます。

みなさんが当ブログを訪れてくれることこそがこのブログの存在意義であり、僕自身のモチベーションとなっています。

これからも少しでもみなさんの役に立てるような記事を書いていきたいと思いますのでこれからもどうぞよろしくお願いします!

スポンサーリンク

PV数について

ブログを開始して9ヶ月目にしてようやく月1,000PVを達成できた。

分析してみると理由は3つほどあるのかなと。

1つ目は12月3日に行われたらしいグーグルのコアアルゴリズムアップデートが僕のブログにとってはいい方向に働いたこと。

グーグルのアップデートと共に検索の表示回数が跳ね上がったのだ。

ただはっきり言うとグーグルのアップデートに関してはちんぷんかんぷんなのでこれがPV数を押し上げたで理由の1つであるだろうけど…って感じだ。

しかしその恩恵もすでに失われている…w

2つ目は始めた作成したトレンド記事がプチバズったことだ。

まぁプチバズと言っても「僕のブログにとっては」ってだけでほかの方から見ると鼻で笑われるレベルだろうけど…w

ただ自分でいうのも何だが、この記事自体のポテンシャルはもっとあったように思う。

しかし思ったほど伸びなかった原因はドメインパワーの弱さにあったのだろう。

鮮度が命のトレンド記事でいつまでたっても検索に表示されない歯痒さはなかなか辛いものであった。

3つ目の理由はTwitterで宣伝してくれる人がいたからだ。

善意で紹介してくれる方もいたし、「ブログ紹介しますよ」みたいなツイートに応募する形が多かったが、宣伝してくれたことで自分のフォロワーさん以外にも僕のブログに訪れた方がいたはずである。

これに関してはこれからも積極的とまではいかないが参加していこうと思う。

スポンサーリンク

記事について

今月も新たに4記事を公開できた(うち1つは運営報告)

知らぬ間に「ブログは0時まで」ルールが適用されなくなっているw

だがあえてこれを妻にいうのはマズイ気がしてならないので黙っておくことにしよう。

やはり今ぐらいの記事のクオリティであると月に4記事が限界のようである。

初めて挑戦したトレンド記事に関しては機会があれば挑戦していきたいと思うが、育児や家事の合間で新鮮な情報をいち早くお届けするのはなかなか厳しい。

ただ「最新の流行情報をより詳しく」提供すれば、弱小のブログでも読者の流入がかなり見込めることが分かったのは収穫だ。

収益について

今月も先月に続き、僕の記事からふるさと納税をしてくれた方がいた。

しかし年度が変わる1月からは、ふるさと納税からは収益は発生しないはずである。

まだまだ自分のブログから収益を発生させるのは厳しいと感じている。

全体的なクオリティを上げつつ、またなによりも記事を見てもらえるための対策をしなくてはならない。

今後のブログ展開について

記事数が増えてきたためにブログを「サイト型」へ変更したいと思っている。

今の新規記事から順番に並んでいる「ブログ型」は、トップページから見たい情報へのアクセスが良くない。

トップページからの離脱率を下げるためにも「ブログ型」から「サイト型」への変更が必要なように感じる。

またいくつかの記事を本格的にリライトしたいと思う。

まずは検索からの流入がある記事を中心にリライトをしつつ、新規記事も並行して進めていく予定だ。

雑談しましょう!(おっさんは語りたい!)

38歳のおっさんがただただ雑談したいが為に設けられたコーナー。

新しい土地に引っ越して友達0、家族にも少なからず気を使っているために、自分の言いたいことはある意味「チラシの裏」であるネットでしか言えませんw

そんなおっさんの独り語りを哀れな目で見ておくんなましー。

スポンサーリンク

2021年の目標

せっかく新たな年になったので2021年の目標を考えてみた。

まずはブログに関して。

ある程度安定して月5桁の収入が入るように、また安定して月に3,000PVを達成できるようなブログにしていきたいと思う。

ただ…そのビジョンが見えねぇなw

プライベートな目標に関しては、「食べ過ぎない」やな。

あとは子供としっかりと向き合うことってことやね。

めんどくさがったり適当な扱いをせずに、いつまでも子供に好かれる「父ちゃん」でいるための行動はしないとな。

スポンサーリンク

携帯業界に激震走る…!

2020年12月3日、携帯スマホ業界に激震が走った。

携帯スマホ業界の絶対王者「ドコモ」がとんでもない料金プランを発表した。

正直、楽天モバイルを除くキャリアがこの料金プランを出すのはもっともっと先だと思っていた。

ところが「ドコモ」が自ら先手を切ってこの料金プランを発表したのである。

といっても様々な裏の事情があるのだが…w(元々サブブランドの予定だったり、過去にも総務省から散々指導が入ったり)

この料金プランの発表の翌日には格安SIMブランドの「日本通信」通称ポンツーが「ドコモ」の新料金プラン『ahamo』の対抗プランを発表。

12月22日にはソフトバンクがahamo対抗プランとして『SoftBank on LINE』を発表。

中身は基本的にはahamoと同じプランになっている。

参照:SoftBank on LINE

もう、大手キャリアは「20GB・通話5分かけ放題・2,980円」というのが料金プランのベースになるだろう。

ちなみに、auはどうしたかというとahamo発表の6日後に新料金プランを発表。

しかしそれはみんなが期待したahamo対抗プランとはまったく正反対の「いろんなサービスをつけた高額プラン」だったためTwitterでは「#さよならau、#au解約」などがトレンド入りする事態にw

まぁauも2021年1月中には対抗プランを発表とのこと、たぶんahamoと同じ料金設定だろうけど。

スポンサーリンク

楽天モバイルを応援します!

さぁ他のキャリアの対抗策を見てからの楽天モバイルはどう出るか…

料金を下げてくるのか、はたまた他の楽天グループとの連携を強化してくるのか。

料金に関しては楽天モバイルはまだ下げれるとの記事を見たことがあるし(探したけど見つからなかった)僕も可能性があるのではないかと感じている。

楽天は他のキャリアと違い、世界初の『完全仮想化クラウドネイティブ』という、まぁ簡単に言えば従来のハードウェアではなくソフトウェア主体で設備投資と管理することにより、イニシャルコストとランニングコストの両方を下げている。(設備投資で40%減、運用コストで30%減)

また従来のハードウェアからソフトウェア主体に変更することによって、当初の予定よりもエリアの拡大スピードが上がっており、僕が住む人口11万人の地方都市にも楽天モバイルの基地局の設置依頼が多く舞い込んできているようだ。

楽天モバイルエリアの人口カバー率も2020年10月時点では63.1%だったのが12月末では73.8%にまでエリア拡大が進んできている。

参照:楽天モバイル

また2020年12月23日に行われた「第2回 デジタル変革時代の電波政策懇談会」という総務相開催の懇談会にて楽天モバイルは「プラチナバンドの周波数割り当て、既存周波数の再分配」を求めた。

参照:デジタル変革時代の電波政策懇談会 楽天モバイル提出資料

プラチナバンドについては上記のイラストを参考にしてもらうとして、現状の楽天モバイルにはプラチナバンドの割り当てが無い状態だ。

新規の参入業者は現状、既存の業者とまともに戦えない状態であるが故に、総務省もある程度の対策はしてくるハズである。

「エリアの拡大・通信品質の向上」により他のキャリアとの劣位性を取り払うことで互角に戦う舞台に進める。


しかし楽天モバイルはまだ他にも他3キャリアに劣っている部分がある。

それは「通信業界でのブランド力」である。

楽天モバイルが他キャリアと同等のエリア、通信品質を兼ね備えたところで「ブランド力」では他社と同程度に見られることはないだろう。

それは他キャリアが積み上げてきた実績などもあるが、一番はそれらを理由にした「日本の国民性・保守的」な考え方が大きだろう。

日本人というのは新しい技術やサービスよりも、古くからある伝統的なものや老舗の企業などに「ブランド性」を見い出す人が多い。

楽天モバイルには「通信業界」という狭く不利な土俵ではなく、楽天の強みが最大限に発揮できる「グループサービス」という大きな土俵で勝負をしていくべきである

楽天には『楽天経済圏』という、楽天グループ同士が連携し「楽天ポイント」という共通マネーで繋がった1つの大きな勢力がある。

この土俵で戦えば、通信業界の王者ドコモですらまったく歯が立たず、グループとしての連携力を高めているソフトバンク相手にも優位に戦いを進めていけるのである。

楽天モバイルには真っ向から勝負をするのではなく、自分が優位な状況で戦いを進めていってくれることを願っている。

にわとり先生
にわとり先生

楽天モバイルに退場されると、また今までの馴れ合い3キャリアでの談合が始まる可能性が大に!

ひよこちゃん
ひよこちゃん

ブログ主の熱い楽天モバイルへのエールが…w

スポンサーリンク

コロナ禍に実家に帰省する

ってことで実家に帰省しておりました。

車での移動で寄り道せず、自分の家から実家までは誰とも接触せず、また実家に戻ってからも初詣のみの外出に抑えました。

複雑な気持ちではあったが、さすがに「こっちは自粛してんのに旅行を推奨してるやん」って思うとなんで我慢してんのやろって気にならん?

旅行してるやつが悪いとは思わんのやけど、それを推奨するってなんなんやろうな…

ってことでツイートの通り他人や風潮に合わせるのではなく「社会のルールの中で自己責任で行動」することが大事なんやなって気づかせてもらった。

まぁうちの親もいつ死ぬかわからんしね。

孫も見せてやりたいし、僕自身も残り何回会えるかわかんない親に会っておきたいしね。

スポンサーリンク

2021年1月の運営報告もお楽しみに!

2020年はコロナ関連のニュースばかりで世間も暗い雰囲気になりがちやったね。

ただ個人的にはブログ&Twitterを開始し、自分の人生の中でも大きな転換期を迎えたと思う。

新たな年を迎えて気持ちも心機一転、昨年からの行動を今年はより加速させていきたいと思う。

ブログのPV数や収益もそうだが、なによりこのブログを訪れた方への力になって少しでも人生が豊かになってもらえるような、そんなブログにするために頑張ります。(承認欲求強めw)

今年も1年、どうぞよろしくお願いします。

にわとり先生
にわとり先生

今年もよろしく頼むな!

ひよこちゃん
ひよこちゃん

今年も一緒にお勉強、がんばろうねっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました